スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    準決勝 浦和vsACミラン

    0
      田中のマー君が契約更改。
      4倍増の6000万円。彼の存在が、どれほどチームの話題につながったか。その点でのマー君の貢献度は測り知れない。でもそれ以上に可能性を感じさせるのがプレーだ。最初は話題作りに起用した球団も、次第に彼の能力に気づく。そしてやがてチームを背負うようになった。それも自分の実力で。素晴らしいことだね。彼の場合は気持が素直だから、これからも伸びるだろう。その彼を素直に評価する楽天球団も良い球団になったね。リーグのはるか最下位を定位置とするチームから、4位まで押し上げた。仙台の地に根付いて愛される球団に成った。これからもマー君の成長とともに、チームが益々良くなるだろう。
      面白くてね。いや、本当に面白かったよ。
      浦和対ACミラン戦だ。スコアーは1-0。僅差だった。浦和も攻めてシュートを15本放った。でもね勝ったのはミラン。これこそ勝ち方を知ったチームだ。1-0だろうが3-0でも勝ちは勝ち。要は決勝に進めればOKなのだ。

      でも浦和は素晴らしい戦いをした。中盤の鈴木と阿部のパスコースに対する読みが良く、決して相手をフリーにしない。テクニックに長けたカカやセードルフには2人で対応した。日本のクラブにありがちな、パスコースをもらってから探す判断の遅さも無く、各選手の距離も適正だった。何より感心したのは、パスの強さだ。相手のレベルが上がると、パスの勢いが弱くなり、相手に寄せられて、中盤で奪われる。そうなると試合に成らないからね。パスの精度と質が高かった。

      でもやはりミランの素晴らしさ。良いチームほどシンプルだ。ワンタッチのパスが3,4本と繋がる。各選手がもらう前にパスコースを作っている。それはどの局面に於いても、トライアングルが適正な距離で作られている。持ち過ぎてチームのリズムを崩すプレーヤーが居ないのが素晴らしい。レベルの高いチームほど簡単なプレーをする。

      レジスタ・ピルロからの長短を問わない正確なパス。美しかった。ガッツーゾの泥臭さを感じさせるほどの直向なプレー。何人掛かっても止められないカカの鋭さ。決勝点をアシストしたスルーパスも、坪井が抜かれて闘莉王が寄せた間を抜くパス。

      そして昨日書いたセードルフ。守備もこなすし、2列目から飛び出しての決勝点。相変わらずスゴイ選手だよ。

      見ていて熱くなったのがレッズサポーターの応援。ミランがボールを持てばブーイング。点を獲られたら熱く選手を鼓舞する。本場カルチョの応援にも劣らない。ミランの選手達がレッズの応援を見て、日本にもフットボールが根付いているんだなと、感じたことだろう。素晴らしいよ、本当に。

      3位決定戦は、絶対に勝利して欲しい。浦和には今年の有終の美を飾って欲しいからね。
      人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 00:30
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        高卒1年目の活躍は立派

         高校野球やってた翌年に球宴、2桁、新人王。そして年間通じた働き。この投手には野球選手としての素材に加え身体能力や精神面の強さを感じます。野村理論も役立ってるのでしょうか、ここには特に手本になるような投手が見当たらないのですが。でも着々と楽天は力つけてきましたね。もう交流戦でも安全パイと星計算できなくなりました。来季4年目でCS進出の快挙は有り得ると思います。

         ウィリアムスにまで薬物疑惑がかかってますね。ここへきて一転して阪神のオフが騒がしくなってきました。球団、本人は否定、来季契約にも影響なしだそうで一安心ですが。処罰はしないと思われる、実名を明らかにする調査報告というのはどれだけの意味があるというのか?MLBは根幹からこの問題は究明すべきだと思います。
        百舌さん、まいどです。
        本当にそうです。マー君が投げる姿は、見ていて楽しいですから。

        勝ち星もそうですが、彼には野球の何かが、最初から備わっている。春先から梅雨時までは、彼が打たれても負けがつかずに、「運の良い投手」扱いでした。そこから実力で今の位置を自ら掴んだ。彼がドラフトの際にも、どこの球団でもOKの姿勢を見せた時から、大好きでした。間違いなくこのまま、大きく羽ばたいてくれるでしょう。彼の良さは気持の強さですね。こればっかりは教えられても、中々身につかない。タイガースにも見習う投手が多く居ます。

        本当に降って沸いたかの如く、問題が起こった。まさかジェフの名前が挙がるとはね。日本での抜き打ち検査でも陰性だったので、問題は無いと思うが。マグワイアは明らかに別の人になったから。ボンズもそうです。そのMLBにも、イチローが違った風を送り込んだ。やはり素晴らしい選手ですよ。

        • kingkazu
        • 2007/12/14 10:41 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        いや〜長らく更新し忘れてました(笑)が、久しぶりに書かせてもらいます。 浦和レッズvsACミランの観戦記です。 アジア杯敗退以降、日本サッカーへの興味がガタ落ちいていたんですけど、 久しぶりにアツくなれる試合でした。 あのミランとガチでやれる・・・
        • 動画で見る世界のサッカー・スーパープレイ伝説
        • 2007/12/14 6:53 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2007/12/17 10:47 AM
        クラブWカップのアジア王者の浦和レッズVS欧州ACミラン戦は ミランが1対0で勝ち決勝に進出し敗戦のレッズは3位決定戦だ 試合の前半はACミランが主導権を握るもレッズが守って0対0で 後半はレッズが攻めたけどACミランが1点を取り逃げ切ったたし レ
        • スポーツ瓦版
        • 2007/12/18 9:45 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM