スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    クラブワールドカップと移籍事情

    0
      福留はMLBで決まりですね。
      えらい年俸に成っている。これでは読売も撤退せざるを得ない。年俸が10億円以上で複数年。松井秀樹の比でないね。今年故障で、後半を棒に振っているにも関わらずだ。もちろんフィジカルチェックは受けないと入団出来ないのだが、回復具合は掴んだ上でのオファー。これでドメは海外だね。一丁上がりの気持ちでいたら、和田のベンちゃんのドラゴンズ入りが発表された。中日もある程度の覚悟(福留流出)は出来ていた。そしてその穴埋めの為にも和田に声を掛けていたのだ。彼は35歳だからね。打力もドメよりは落ちるし、守備力は比べるまでもない。センター・李、レフト・和田なら、守備はかなり落ちる。あの苦渋を飲まされたドラの外野陣からすれば、かなり戦い易くなるのは間違いないだろう。
      長い間待っていた。ようやく明日、浦和とセパハン(イラン)が対戦する。浦和はこのチームとホームアンドアウェイを戦い抜き、日本のクラブで初めてACL(アジアチャンピオンズリーグ)に優勝した。

      でもね、チームの勢いはこのカップを手にした瞬間から、坂道を転げ落ちた。Jリーグで優勝に王手を掛けてから1ヶ月も決められず、ついに優勝を逃す。それはホーム・鹿島戦での痛恨の敗戦。この時鹿島は、前半終了間際、左のサイドバックを退場で欠く。それなのに浦和・オジェック監督は選手交代の手を打たず、鹿島の左サイドを徹底的に突く事もさせない。その時鹿島は、司令塔の本山に左サイドを見させていた。

      勝機を的確に判断することも出来ず、それを勝利に結びつけられない。プロの監督としては非常に情けない采配。あげく鹿島に1点を奪われた後は、DFの闘莉王を前線に上げっぱなし。残り5分のパワープレーは見たことが有るが、15分となると見た事がないね。点を獲るための戦術を持たず、その試合の勝機をも見定める事も出来ない。T・岡田と同列の、とてもプロの指揮官としての資質もない人物だ。

      もちろんレッズも手を拱いている訳ではない。きっと次の監督を探しているだろう。選手の補強は着々と進んでいるようだ。あとは一番肝心なのが監督人事だ。

      明日の浦和対セパハンの試合を予想する。浦和での先日の試合は、相手DFのクリアーミスから先制した。そのチャンスを逃さなかった永井は立派だったが、この点が無ければ、試合の行方はどうなっていただろう。私は明日の試合の行方は、セパハン有利だと申し上げておく。この前の試合でも、中盤はセパハンが完全に主導権を握っていた。

      勿論浦和には熱いサポーターがついている。浦和の応援は、世界のどのクラブのそれと比べても、決して劣らない。フットボールの内容はともかく、応援は世界レベルだ。その応援でどれだけ選手が後押しされるか。それ次第では、勿論浦和が勝つ事もあるだろう。

      いよいよ楽しく見られる試合が始まる。

      人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:56
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        kazuさん、まいどです。

        福留がメジャーへ…。あのメジャー指向のかけらも無さそうな男に1年10億ですか…。
        まぁ近い内に記事で書こうと思いますが、いくら野手不足とはいえ、メジャーのマネーゲームは度を越している気がします。
        少なくとも10億の価値は無い、とだけ言っておきます。
        和田がライトなら、右中間は大穴ですな(笑)
        名古屋は厳しい戦いを強いられそうです。

        さて。
        いよいよ浦和の登場ですが、テンションが上がらないな…。
        オジェックは何も戦術無い監督なんは重々分かっていましたが、確かにあの鹿島戦は酷すぎた。
        結局は個人の能力でしか攻撃出来ないので、前半で点を取れないとセパハンやろうな、と思います。

        まぁ日本の地の利を活かしてもらいたいですが…。
        • A.Inaba
        • 2007/12/10 1:41 AM
        巨人でも撤退せざるをえないマネーゲーム

         これはむしろ「痛快」に感じました。カネを理由に巨人でも負けることが今後も増えてくるでしょう。これだけの大型契約を袖にするのは、よほどのお人好しでもないとできない。MLBは今、バブル景気の絶頂。選手に投資し、チームの価値を高める、一つの「市場」は近年にない活況です。もともと補強費予算からして日本球団とは比較になりませんから、「法外な年俸」というよりは世界が違うと考えるべきだと思います。日本球団だって、利益が上がっていれば現行の年俸体系を崩すようなチームが現れ、そこへ高年俸を求め優秀な選手が集中しても私はかまわないと思います。経営が赤字ではベースアップすらないのが経済界の常識であり、年俸総額が抑えられるのも当然です。MLBの強奪とやっかむのではなく、まずは各球団が安定した経営になる構造になるよう球界全体で考えるべきです。

         今、豊田スタジアム始まりましたが、スタンド、意外に?入ってませんね。こんなものでしょうか。てっきりバックスタンドまでぎっしり埋まると思ってました。浦和の健闘を祈ります。
        INAちゃん、まいどです。
        そうですね、ドメに明確なメジャー願望が有ったとは思えません。でも予想以上の反響に、心が動いたのでしょう。こうなれば、中日も読売もウチも関係ない。だから日本の代表として頑張って欲しいと思えますね。10億の値打ちは無いでしょう。

        和田は打つのはそこそこでも、守備は上手くない。今までドラにつけ込まれた点を、こちらが攻めたいですね。

        浦和のこの何試合かの戦いで、立て直すのは厳しいかと思っていました。だが今日の浦和は素晴らしかった。これなら勝利を掴む事が出来たのも道理です。タイガースと同じで、選手は素晴らしいから、戦術が稚拙でも勝てる時がある。

        この浦和の進出にはおめでとうを言いたい。これで浦和は、あと2試合を戦う事が出来る。興行面でも大きな勝利でした。
        • kingkazu
        • 2007/12/10 10:33 PM
        百舌さん、まいどです。
        日本の市場とMLBでは規模が違い過ぎました。ケーブルテレビの放映権を後ろ盾に、巨額なマネーが動きますから。日本では敵なしの読売が負けるのは痛快でした。

        やはり日本の野球界も、放映権の一括管理と、それを応分に分け合えるシステムが必要です。入れ替え戦もなく、資金が豊富なチームとそうでないチーム。差が有りすぎますが、掻き集めたチームが強いとは限らない。だからスポーツは面白いです。クルーンを獲り、グラもラミも獲りそうな読売に資金の少ない若手のチームが勝つ。そんなセリーグであって欲しい。

        かなり入っている方だと思います。FIFAの管轄で入場料もかなり高いはずですから。今日は浦和が素晴らしいプレーを見せ、見事勝利しました。
        • kingklazu
        • 2007/12/10 10:51 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM