阪神タイガース一筋!在野・プロ野球批評家(笑)kazuがズバリ斬り込みます。タイガースに出会えた'70以来の笑いあり、涙アリの記録です。
<< 藤浪が名実ともにエースになった日 14回戦(甲子園) | main | まだまだセリーグの混戦は続く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
藤浪がKOされるも総力戦で逆転勝ち T-S14回戦(甲子園)
 



稀に見る混戦が続くセリーグ。でも、やっぱり見えて来ましたね。優勝を狙えるチームは3チームに絞られた。今日現在貯金を持っているチームに。



又吉と福谷が打たれて坂道を転げた中日。中崎を抑えに起用して自分らだけで安心している広島。広島は借金8から2くらいを行ったり来たりしている。五割に戻る事無くシーズンが終わりそうだ。そして横浜。この時期はデッドラインが借金5だ。ここを越えてしまったね。抑えの山崎は頑張っているが、如何せん先発が弱い。リーグを盛り上げた横浜だが、優勝は厳しいね。だがまだ、CSへの可能性はもちろん残っていると思う。


人気ブログランキング




前回に完封勝ちをやってのけた藤浪。150球を超える球数の影響が出たのかもしれないが、今日の藤浪は苦しんだ。ヤクルトの打線は破壊力があり、かつ粘っこい。力強さだけで荒かったら組し易いがそうではない。だから得点力が高い。相手チームからすれば非常に厄介だ。



藤浪を立てながら1-6のビハインド。通常なら非常に厳しい展開になるが、相手投手が成瀬だったのがタイガースにとっては都合が良かった。ここ何年かの彼は非常に被本塁打の多い投手。手痛い一発を浴びている。4回にマートンの2ランと良太のソロで1点差まで追い上げる。成瀬の勝てない理由がここにある。



藤浪の後を受けた歳内が抑え、1点差となった5回、タイガースベンチが継投をミスる。点差が詰まった事で実績のある高宮を投げさせたのだが。これが大ミス。高宮は左バッターへのワンポイントなら結果を出すが、イニングを丸々任せる場面ではほとんど点を取られている。ここはこの回の頭からロングも行ける岩本を投げさせるべきだった。代わった岩本は満塁のピンチを切り抜け2点差で試合を後ろに繋ぐ。これが大きかった。殊勲甲だ。



6回、福留の2点タイムリーで追いつく。やっぱりドメの勝負強さは別格だ。



更にもう一人の殊勲者は安藤。8回のピンチをゼロで切り抜けた安藤。素晴らしかった。一死二塁で打者川端。私は川端の三遊間を破るヒットが実に嫌に感じていた。だから山田哲で勝負するべきだと思った。実際そうなって討ち取った。これは安藤の持ち球のシュートが効いたから。2球目の球を腰を引いて避けた山田。次の外目の甘い球だった。でもシュートで踏み込めない山田は力の無い飛球を打ち上げた。ベースを広く使える安藤の持ち球が実に効果的だった。



岩崎が5回くらいで捕まるのはストレートに慣れて来るから。球速は出ないが球威で抑えるタイプの岩崎にはシュート回転して落ちる球が必要だ。ツーシーム・シンカー・スクリューボール。どれか投げやすい球を習得してもらいたい。そうしないと同じことの繰り返しになる。




チーム全体の底力で勝利したタイガース。後で振り返ったらあの試合。そんな試合になるかもしれないゲームだった。





人気ブログランキング
| kazu3750 | - | 00:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:13 | - | - |









http://kazu3750.jugem.jp/trackback/1944
阪神10−7ヤクルト(甲子園)〜藤浪乱調も粘りの逆転勝ち!+同日の野球関連
大阪偕星、初の甲子園出場 高校野球、全代表校が決まる http://t.co/62D0bKQW4N&mdash; 朝日新聞・高校野球ニュース (@asahi_koshien) 2015, 7月 31まずは、大阪偕星さん。初の甲子園出場おめでとうございます。これで全49代表が決定し、6日から開幕。 一方、昨日
| ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3 | 2015/08/01 7:35 AM |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
トケイ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ