スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    やっぱり残念ですね・・・。

    0




      もう、終戦モードみたいなエントリーを先日書いたのだが、もちろんそれでも心のどこかでは期待していた。ファンですからね。だが、それも消し飛んでしまったね。これはもう、本当に優勝は厳しい。



      毎年、終盤に脱落するのはファンにとっても球団にとっても大きな傷になる。ファンからしてみれば「ああ、やっぱりか」と思ってしまうし、球団にとっては集客に影響が確実に及ぶ。歴史は繰り返すものだが、いつかはぶち壊す時がやって来るものだと思う。9月まで優勝争いをしたから「あとわずか」だと思うのか、それとも1度チームをぶち壊すのか。このオフ、それが問われる。




       




      人気ブログランキング




      今日の試合は、6回の無死三塁で点が取れなかった時点で終わったと確信した。岩田が完封をするのは球数の点でも難しいと思ったし、投手を継いだら余計に逃げ切れないと予想した。オスンファンまで運よく繋げても、彼も1点差なら厳しいですからね。


      先日書いた本文の繰り返しになってしまうが、この読売とタイガースの差の大部分は選手の力量差に依るもの。ベンチの采配の差も、もちろん有るのは有る。でも、実際にプレーするのは選手たちだ。


      1戦目の坂本の一発。あのメッセンジャーのカーブを狙い打った一撃。あれがタイガースに引導を渡したと言っても過言ではない。あれは別に橋上コーチや別のコーチに指示されたわけではない。先の対戦でカーブに翻弄された坂本自身が狙っていたんだな。


      あの一発で、ほぼカーブを使えなくなった虎バッテリー。タイガース投手陣の中では今季一番良いメッセでも、全ての球種を駆使しないと読売は抑えられない。1球種を消されたら厳しいね。



      その坂本と比べると、今日の無死三塁での新井貴の打席の内容の無いこと。本当に悲しくなってしまう。



      数字に表れない読売との差は、残念だがとても大きい。





       



      人気ブログランキング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 22:22
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        本題に入る前に、昨日のプロ野球の結果から。 【9月10日のセ・リーグ】 ◇DeNA2―0ヤクルト(ハマスタ)  DeNAが3連勝。1回に梶谷が先頭打者本塁打、6回はグリエルが適時打。山口はプロ初完封。ヤクルトは新人杉浦の力投が実らず。 ◇広島4―3中日(
        • ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
        • 2014/09/11 6:12 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM