スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    敗戦の中にもベンチの変革を見た

    0
       


      今日の木谷は良かったですね。
      さすがはカードの頭に投げて来る投手。


      ストレートも走っていたし、落ちる球もいい所から落ちていた。あれでは好調タイガースもそうは打てない。引き締まった投手戦で面白かった。


      惜しかったのは能見が投じた球が高めに抜けてしまったこと。代打飯原を迎えた場面だった。あそこまでかなりの球数を投げていたから、能見も責められない。残念だが、時にはこんな結果もあるだろう。9連戦の頭は敗戦になってしまった。




      人気ブログランキング



      上本が途中から交代した。
      故障などではないから、ミスをした事への懲罰的な交代だと思われる。プロの世界にそれが必要かどうかは、色んな意見はあるだろう。


      当該プレーは低いライナーを捕球出来ず。打球を捕る前にゲッツーを狙おうと送球へ意識が飛んだ。野手としてはまずは確実に捕球する。それからです。


      その前にも、確実にゲッツーが取れる場面で一塁にランナーを残してしまった。捕球から送球への動きが緩慢だった。今日のこの二つのプレーで試合から外された。先日も二塁封殺プレーで送球ミスがあったしね。


      代わりに入った坂の方が明らかに巧い。秋季キャンプで目の前で見たこの二人には明らかな差があった。でもね、上本が出た方が戦力としては明らかに上回る。バッティングも単独スチールが出来る点も彼が上だ。


      でも、組織を引き締める上でも、この交代は良かったと私は思っている。


      バレンティンを迎えた場面で勝負を避ける指示を出したのもいい。この日の対戦ではワンバウンドの球を振らせるほど圧倒していた。それでも、1打席で試合を決められるバッターがバレだ。当然の指示だった。


      これまで散々ベンチをこき下ろした。そのベンチが、今年に関しては少しは手応えを感じているのだろう。勝負に徹する姿勢が見えて来ている。


      少し面白い戦いが見られるんじゃないかな。







       





      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:27
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        昨日は、国立競技場最後のJ2の試合を経て、隣の明治神宮野球場でプロ野球のダブルヘッダー生観戦。 行き帰りともロマンスカー乗車。 まずは、昼の部@J2ラスト国立競技場の件。 2014J2第11節・5月3日14:00キックオフ(国立競技場) 東京ヴェルディ 0(0 前半
        • ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
        • 2014/05/04 12:50 PM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM