スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    受けに廻って勝てるほど強くない BーT7回戦(ハマスタ)

    0



      中日がヒーヒー言いながら勝ってくれたんでね。お陰で助かったよ。


      それにしても讀賣は強いし、粘っこい。だから、数多くの貯金を持っているのだが。簡単には負けてくれないから、相手にしたら本当に嫌だろうね。 


      中日が、8回には3人の投手を継ぎ込み、やっとこさ勝った。でも、そのDのお陰でゲーム差が開かなかった。これは大きいですよ。5ゲームも差がついたら、そこからの巻き返しは相当に時間が掛かる。何とかこの差でくっ付いて行きたいね。タイガースのチーム状態がさほど良くないので、ここは早くも正念場だね。




      人気ブログランキング



      頂いたチャンスで潰す。これが出来なかったから、ずるずると試合展開は流れた。あれだけ四球をもらって、そのもらった押し出しの1点のみ。毎回チャンスで打てるバッターなんていないけど、新井さんの打ち損じは痛すぎた。イッキに潰せた。


      そして、マートンの大チョンボ。確かにあの打席で2点タイムリーを放っているんだから、試合の中では貢献した。でも当たり前の事が出来ないのは、タイムリーでの貢献では帳消しには出来ないほど酷かった。


      5回、二塁塁上のマートン。次の新井さんのフェンスに届こうかとの大飛球。ライトに獲られはしたのだが、あそこはタッチアップで三進しておかねばならない。絶対にだ。それを、打球をハーフウエイで見ていて、三塁に進めず。あれが痛すぎた。


      三塁に進めていれば、次の高山の内野安打で同点だったのだ。


      マートンは本当に真剣にプレーし、チームにも大きく貢献してくれている。でもあのプレーはダメだ。プロでは許されない。



      いつの試合だったか忘れたが、ベイスターズの試合をチラッと見ていた。ブランコ・中村の連打で無死一二塁。ここでこの日スタメンに入っていたラミレス。ここで彼はゲッツー打ってチャンスを潰す。あれ以来、ラミレスのスタメンはないだろう。


      その代わりにオーダーに入っている若手が巧手を連発。バットを振り抜いているから内野ゴロでもヒットになる。活きのよさを前面に出したベイに対して、完全に受けに廻った虎。


      相手の勢いを受け止められるチーム状態ではない。溌剌さが全くない。


      伊藤隼もあまり評価は高くないな。ビハインドで今成を代打で守らせるなら、伊藤を使って欲しかったね。投手ではボイヤーもね。安藤を投げさせるよりはボイヤーだったよね。


      これで4連敗か。
      明日は絶対に止めねばならない。
      藤浪くんには重い荷物だが、彼なら何とかしてくれそうだ。






      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 22:47
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM