スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    1年という年月の重さ

    0




      侍ジャパンはスゴイホテルに泊まっているんですね。聞けばあのマドンナさんも泊まっていたとか。 



      そこで完全防備の応対を受けているので、報道陣もうかつに取材出来ない環境だ。遮断されるのは良いことですね。アメリカでの試合は最大2試合だけ。負ければその時点で終わり。3位決定戦はありません。練習試合を含めても最大で4試合だ。多くの日本のファンが期待しているので、とにかく集中して取り組んで欲しいですね。



      ここからは、1にも2にもピッチャー次第。準決勝の先発投手は本当に痺れると思う。マエケンが予想されているが、彼ならやってくれそうだ。ストライクゾーンから落ちる球は非常に有効だから、普段の彼の投球をやり遂げて欲しいと願う。




      人気ブログランキング



      昨年の今ごろの事を思い起こすと、つくづく1年て長いな、重たいなと感じる。


      1年前、センターの一番手は柴田だった。開幕からしばらくは、右投手なら柴田、左なら大和だった。そこから大和が実績を積み上げ、やがてずっと大和がセンターのスタメンで出るようになって行った。


      今、大和はオープン戦の打率トップに立っている。たかだがオープン戦ではある。でも、この意味は大きいね。昨年の実績をさらに自分の中で昇華させた大和はさすがだ。志がデカイ。チームでレギュラーを獲る事に満足せず、リーグを代表する選手を目指した。


      だからこそ、今の大和がある。


      しきりにスポ紙は大和の調子が良いと書き立てる。状態が良いのではない。これが普通の彼である。力を付けている彼にとっては、これが普通の状態なんですね。


      1番西岡・2番大和・3番鳥谷。この並びは脅威である。どこからでも走れる。
      時にはいきなり走って、時には走ると見せ掛けて揺さぶり次のバッターを助ける。色んな攻撃パターンが構築出来るからね。



      足で嫌がられるチームになるのは間違いない。



       




      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:47
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM