スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「糸井トレード」による衝撃

    0




      いやー、ビックリしましたね。


      今日はキャンプメンバーの振り分けについて書こうと思ってましてね、準備をしていたんですが。明日にします。


      それほど糸井の放出には驚愕でしたね。ダルじゃないが、「ありえへん」。 




      人気ブログランキング



      置き換えてみたんですよ。
      糸井をウチのメンバーに置き換えると鳥谷が該当しますね。


      外野と内野の違いはあっても3番を打ち、守備の中心メンバーでもある。いわばチームの攻守の要だった。その選手を契約で揉めていたにせよ、簡単に放出することはあり得ないでしょう。

      聞けば糸井の年俸は1000万円アップの2億円の提示だったとか。貰っている年俸を考慮すれば、そんなに高額のアップは出来ないとの理由だったとか。でもせめて2.5億円くらいの金額は彼の働きからすれば妥当だと思う。確か鳥谷は3億まで行ったよね。

      鳥谷と糸井では球界での価値が違う。残念だが、鳥谷よりは糸井がさらに1段階上。今の球界で糸井はナンバー1の外野手と言っていい。チャンスにあまり強くないとの意見もあるが、あの打撃と走塁と守備は凄い。鳥谷はセリーグでも坂本にナンバー1を譲っている存在だ。


      現実の銭金で言っても解らない。ポスティングでの海外移籍を望んだとされるが、それだったら、糸井の希望する年俸を提示して、このオフにポスティングでの移籍を認めたらいい。そうしたら入札金がガッポリ入ってくる。


      それを選択しなかったのも、ワカラン。




      今回のトレードは、稚拙であり稚速であったと言えるだろう。


       



      千丈の堤も蟻の一穴から



      そんなことわざがある。

      側から見て羨ましくて仕方がなかった日ハムだが、ここから綻びが広がるかもしれない。


      現場を預かる栗山監督にしても不本意だろう。与えられた戦力で戦うのが使命だが、この時期に替えがいない主力がチームから離れるのは痛すぎるだろうから。











      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:51
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        本題に入る前に、まずは3/25(月)に東京ビッグサイトで「セ・リーグ開幕直前!!ファンミーティング2013」が開催される件。 パ・リーグではファンミーティングをしていたかどうか記憶にありませんが、セ・リーグがリーグとしての合同イベントなんて珍しい。江尻氏の指
        • ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
        • 2013/01/24 6:53 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM