スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    プロとアマの垣根が崩れたキッカケが新井発言

    0



      新井さんの置き土産が大きな効果を得た。


      プロ野球選手会の会長を辞する時、アマ側に痛烈なパンチを見舞った。それをキッカケとして日本高野連が重い腰を上げたのだった。


      プロ・アマ断裂の端緒は1961年の柳川事件だとか。そんな古い話を覚えてはいないが、プロ側が今までの決まりを破って、強奪したのだと聞いていた。そこから長い長い時間が過ぎ、やっと元プロが高校の指導者になれる道が広がった。




      人気ブログランキング



      今までは「教師や講師として2年以上勤める」ことが条件になっていた。これは高いハードルだった。でもこれが研修を受けるだけで高校の指導者に成れることになったのだ。


      ベルリンの壁が崩壊したのだ。これも新井さんの功績だと言えるだろう。


      高野連は、教育と言う隠れ蓑に守られて今まで表向きはやって来た。でも問題は多いですね。


      私は野球ファンだが、「春の選抜」は必要ないと思っている。


      予選を経ない公式戦は実力差が出来上がり過ぎるし、選考と言う曖昧な選出方法は疑問符が付きまとう。やたらに、新しい学校が出場している印象がある。創立して新しい学校だとか、校名が変わった高校だとかが出ている印象だ。


      甲子園に出場する事は凄い宣伝効果になる。選考に不正は無いと思いたいが、「21世紀枠」だとか、今は無くなったが「未来枠」だとは本当に必要なのか?


      高校野球は夏の選手権だけで十分だと思っている。予選を経ての甲子園での対戦は熱戦が多い。泥だらけにしての戦いは熱く心を打つ。


      ともあれ、プロアマの関係で、まずは大きな第一歩を踏み出して良かった。


       




      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 22:48
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM