スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    東京ドーム初☆ G-T23回戦

    0
      鳥谷選手、100号ホームランおめでとう!
      ほぼルーキーイヤーからレギュラーで、9年目での100号到達。これは遅いようにも思いますが、まずはおめでとう。これからも、ずっとタイガースのユニフォームでプレーし続けてください。
       








      人気ブログランキング


      昨日、今日と試合を見てきて、こう感じた。

      「そんなに差がないじゃない」。


      昨日だって初回に2点を取って、追加点が取れないから、逆転の3ランを坂本に食らった。
      1,2点取れていれば、勝てていた。

      今日は1点で能見がしのいでいたので、勝ちゲームになった。

      昨日の岩田。今日の能見。相手の讀賣は杉内とホールトン。共にチームの柱的存在。
      全然タイガースは負けていない。先発投手の質は、貯金40を持つ讀賣に劣っていない事は証明できる。


      じゃ、何が足りないのか。それは簡単。得点力だ。
      ここぞの場面で点が取れる讀賣と、チャンスがピンチになるタイガースとの差だ。

      相手チームが1点を差し出してくれていても、点が取れないタイガース。三塁にランナーが居て、相手チームが前進守備を敷いていない。外野フライはもちろん、内野ゴロでも点は入る状況。ここで三振。そんなシーンを何度見たことか。

      バットに当たらないと何も起こらない。

      個人を「あげつらう」つもりはないが、こんなシーンではたいてい新井貴さんが打席に立っていた。考え方でしょうね。先日もあった。ツーボールノーストライクから、ほぼ真ん中に来る甘い変化球を見逃す。そうすると急に焦り、次の難しい球に手を出しセカンドフライ。この結果では何も起こらないからね。


      言葉は悪いが、彼にはセンスがない。


      今年のタイガースは4番を打たせるバッターを間違った。
      ここさえしっかりすれば、5割は難しくないだろう。外国人でも日本人でもいい。
      打線の芯をしっかり据えれば、得点力はぐっと上がる。



      明日は最後の讀賣戦。
      勝って少しはスッキリしようぜ。









      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:58
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2012/09/16 2:32 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2012/09/16 8:59 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM