スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    満員のファンが沸くシーンなし T-C21回戦

    0
      虎ファンは本当に熱心ですね。
      夏休み最後の甲子園というのも有っただろうが、46000人の満員に膨れ上がったのだから。子供さんにせがまれて足を運んだ人も多かっただろう。家族の楽しみの一つとして人気のある娯楽。それがタイガースであり、甲子園だった。応援しながら、飲み食いするのは楽しいもんね。だが、今のタイガースにはそのファンに答えるだけの力量がない。これがさびしい事なんだ。勝って六甲おろしを歌うのがどれほどファンにとって楽しいことか。球団も現場も分かっているだろうが、それだったら違う方法があると、私なら思ってしまう。もう今季は観戦には訪れないだろう。何年か連続で加入しているファンクラブも、来季は継続しようかどうか迷っている。どうすれば、球団に対してファンが抗議出来るのかをずっと考えながらシーズンが進んでいる。 








      人気ブログランキング


      本当にベストを尽くして戦っているといえるだろうか。


      スミ1で逃げ切られてしまう打線。しかも実績のない投手に。今井投手はこれで2勝目だが、それが全てタイガース相手。


      今季18度目の完封負け。


      もう飽きた。見飽きたわ。「あきただいすけ」。


      チャンスと言えるのは3度だけ。一死から連続ヒットの4回。次の金本・ブラゼルの連続三振であえなく逸す。次はヒットと四球でスコアリングポジションに進んだ6回。最後は最終回。良太の二塁打でチャンスを作りながら、いずれも得点できず。

      ここで浮かびあがるのが金本。3度ともスコアリングポジションに走者が進んで初めて打席に立っている。そこで全て凡退。三振。キャッチャーフライ。三振。

      彼は長い球史の中で、打撃部門で10指に数えられる選手。読売で言えばONに匹敵する選手だ。その彼が、こんな状態で出続けるのがいい事のか。本人が出ると言えば、出続けられるのが相応しい選手なのか。


      私の意見を言わせてもらえば、もうそろそろバットを置いてもいい頃だと思う。彼の素晴らしい、選手として脂の乗り切った頃を見てきているので、今の姿は寂しすぎる。

      まだ、遣り残した感があるのなら、あるいはパリーグに移籍希望を出してもいいと思う。球団は、ファンは、彼の移籍を受け入れると思う。

      もうすでに、決断を球団に伝えているかもしれないが、今のままなら、あまりにも寂しすぎる。正直、見たくない。










      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:18
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        kazuさんこんばんわ★
        お久しぶりです!!
        毎日読んで読み逃げしている私です、さて誰でしょう(笑)

        タイガースの方も
        相変わらず毎日チェックしてますよ★
        残念ながら弱くても習慣だから気になりますね…(涙)

        数年前なら負け方によっては布団かぶって泣いてましたよ懐かしい(笑)
        今は負けても『またか』で終わり!!
        選手も負ける事に慣れてきてるでしょうね。

        我等がタイガース…
        どんどんヤバイ方向に突き進んでますね
        色んなサイトで、たくさんのファンのコメ読んでますが、中村GMを推してるコメを一度も見かけた事がありません…不安です。

        7月8月はとにかく高校野球が面白かったです♪
        我が母校は初戦で大阪桐蔭相手に散りましたが(笑)

        阪神にも柱になるようなスター選手ほしいですね。
        いまは投打共にいないですよね。

        たしか私達、4位を予想してましたが、6位に近い5位でフィニッシュしそうですね(私は5位なら6位を希望ですが)

        私もファンクラブにずっと入ってきましたが、元々魅力のないファンクラブだと思ってたので今年は遂にやめる覚悟ができました!!

        明日は歳内が楽しみですね♪
        • ??
        • 2012/09/02 1:46 AM
        野村克也さんは選手時代にこういうことをゆうてた。

        「ONは、オレから言わせれば本当のプロやない。あの二人は栄光のあるうちに辞めたからや。選手というものは、栄光を掴んだなら、その後には墜落も待っている。プロというものは、喩え自分が落ちぶれてボロ雑巾のようになっても、また、心ない罵声を浴び続けても、可能な限り、最後まで耐えてプレーするもんなんや。それがプロや」

        という言葉だ。これは少年時代に聞いた言葉やけど、それまでONが好きやった俺は、一発でノムさんのファンに変わってしまった。今では金本がその時期なのかも知れん。

        ファンなんて勝手なもんや。栄光のあるうちは、誰でも楽しみに見る。しかしそれは、本当に選手とかチームを愛している訳やない。ホームランでも打ってもらって、お腹一杯になりたいだけよ。

        阪神ファンが「勝って甲子園で六甲おろしを歌いたい」というのも同じことや。自分に勇気が持てないから、贔屓にしているチームにそれを託すんやろう。で、勝ったら自分が世の中の勝者になったような錯覚をする。

        または、関西人独特の地元根性まるだしで、阪神が大勝することによって、「同じ関西人の血が自分にも流れてるんだ」と思い込んで明日への勇気に変わるというところやろう。

        だから、成績の思わしくない今年は、入場者が減って当たり前やね。それでも、大勢の人達はタイガースを見に行って応援している。選手として晩年を迎えているであろう金本がスタメンでも、ちゃんと目を開いて暖かい声援を送っている人もいる。

        彼が試合に出て、若手の出場を減らすのが良いことなのかどうかは、それこそ各人の尺度によるものだろう。ちなみに、俺は誰が試合に出ても、誰がベンチに居ても「応援してやろう」というだけやからね。

        金本がボロボロになっても、じっと見守って、引退まで見届けてやる。こんな話をしたら、我ながら俺のほうが阪神ファンの連中よりも愛があるのと違うかな?と思うわ。

        勝つことが果たしてチームにとっての幸せなのか?
        阪神にとって暗黒時代は本当になかったほうが良かったのか?
        で、ファンからの非難や罵声、或は反抗がチームを強くするのか?

        俺はそう思わない。
        全て幻想だ。

        暗黒時代に応援ボイコットしても、現に何も変わらなかったではないか。

        また、暗黒が来るのなら、それも阪神の宿命だ。
        もしも、それが見るに絶えないという阪神ファンが居たのなら、とっておきの方法がある。

        そういう人は、勝てるチームのファンになればいい。巨人ファンなんかどうだろうか?
        嫌というほど勝ってくれるはずよ(笑)

        まあ俺にとっては、勝利に拘る連中ほど見ていてつまらないものはないけどな。
        • 大阪道頓堀の虎
        • 2012/09/02 2:23 AM
        りえ☆さんですね。こんばんは。おひさー。

        歳内、良かったですね。また、見たみたいものです。
        • kazu
        • 2012/09/02 10:11 PM
        大阪道頓堀の虎さん、こんばんは。

        ノムさんは、さすがにいいことを言いますね。
        私でもファンになります。

        負けていても最後まで応援する。そんな虎ファンが好きですね。
        • kazu
        • 2012/09/02 10:13 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM