スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    盛夏に秋風吹き荒ぶ G-T17回戦

    0
      早くも、対読売戦の負け越しが決定した。
      幾ら何でも早すぎるだろう。まだ8月の上旬だからね。つい2年前までは東京ドームではやたら強かったタイガース。統一球になる前までね。あの野球のままでよかったかと問われれば、それはダメだろうと答えるが、やたら箱庭で強かったもんな。そんな印象を和田監督も持っているようで、ココに来たら何とかなるなんて甘い思いを抱いていた。もう時代は変化しているんだ。いつまでも良い時の残像を追いかけても何にもならない。「いつか、そのうちやってくれるだろう」と甘い予測を立てても、1年経てばアスリートはガラリと変わってしまう生き物。もうホント、典型的なダメなリーダーだな。


      人気ブログランキング

      じゃ、主力が本来(?) の力を発揮できる為に全ての考えうることをやったのか。

      気持ちの持ちように問題がある選手には徹底的にメンタルトレーニングを施したり、若手には大久保式のアーリーワークを取り入れたり、加圧式トレーニングをやってみたりとか。

      バカのひとつ覚えみたいに「早出特打ちで調整しました」で終わっているんじゃないのか。


      もう3分の2が終わろうとしているのに、いつまでもやってくれるのを待っていても仕方が無い。


      昨日の読売スタメンを見てビックリした。何と、長野が外れている。てっきり軽い故障で休んだのかと思っていたら、メッセンジャーとの相性が悪いから、スタメンから漏れた。


      これぞ競争原理。


      これがないチームはどうしようもない。

      レギュラーを掴み新人王まで獲得した松本哲が調子を上げて戻って来た。だから「あの長野」が出られなかった。他にも外野は谷や高橋がいる。

      プロはこうじゃなきゃ、いかんでしょう。


      ベテランが安閑として、若手が必死にアピールをしても上にすら呼ばれない。


      プロのチームがこれでは強くなる要素が一切ない。



      常に変化し続けてこそ、現状が維持できる。













      ひと押しお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:19
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ということで、レスリング女子63キロ級伊調 馨選手、同48キロ級小原日登美選手、金メダルおめでとうございます\(^o^)/ 赤ユニの胸の虎が強そうやね… その一方で、某鉄道系セ球団の ←腕の虎は借りてきた猫みたい(´・ω・`) と思っている虎系の人は自分だけではな
        • ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
        • 2012/08/09 7:41 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM