スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    鳥谷を5番に置け!!

    0
       いくら打線をいじっても効果が見えて来ない。オープン戦だから結果にこだわる必要はない。公式戦に向けてテストする時期でもある。けどね・・・。それにしても点が取れない。「昨年の二の舞なのか」なんて気持ちも起こってくる。今の時期、いくら打っても1円にもならない。その言葉を胸に刻んで我慢、我慢だ。



      前に書いた事があると思うが、今のタイガースは鳥谷の次を打つバッターが一番大事。言うまでもなく、昨年の「出塁率」が一番高いバッターが鳥谷。キッチリ打ってチームを勝利に結びつけるのも彼の役割だが、相手の警戒を利用して選んで出るのも彼の特徴。


      これを打線としてしっかり活用することだ。だから彼の次のバッターが一番大事。


      思い起こせば2005年。絶頂期の金本の次を打った今岡。彼の残した147打点は今でも金字塔だ。

      あの頃の金本は一撃で相手エースの心を折る一本を放ち、尚且つしっかり選んで塁に出た。決してボールには手を出さない。それが彼の信条。

      塁に溜まったランナーを今岡が「お掃除人」の如く綺麗にホームヘ返した。打率は3割に満たなかったが、チームへの貢献は金本にヒケを取らなかった。だから優勝が出来た。

      今のチームに、今岡に匹敵する「クラッチバッター」は数えるほどしかいない。それが城島だ。

      本来なら鳥谷は1,3番向きのバッター。でもそうだと、城島が2番か4番を打たないといけなくなる。ジョーの2番は重た過ぎるし無理。4番も打たせたいが、ポジションの意味で無理がある。そこで鳥谷の5番だ。6番を城島とブラゼルで併用するのだ。ジョーは本当に勝負強いし、ブラゼルも追い込まれてから逆方向にしぶとく打てる。


      新井も4番を打つ表向きのプライドも保てる。
      でもこの4番は、言葉は悪いが「順番としての4番」として捉える。

      実際の3,4番は鳥谷・城島だ。


      1 二 平野
      2 中 大和
      3 右 マートン
      4 三 新井
      5 遊 鳥谷
      6 一 城島(ブラゼル)
      7 左 金本 
      8 捕 
      9 投 


      これで行こうよ!


       人気ブログランキング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 22:52
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM