スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「Y.O.K.O.H.A.M.A.」

    0
      もう5日も経つのに。
      どうして今夜、柳ジョージを聴いてしまったのだろう。つい聴き始めたyoutubeに気がついたら3時間が経っていた。こんな事は初めてだよ。訃報を聞いた時の私は、それほどショックではなかった。「もっと聞きたかったな」と思っただけ。それは、しばらく彼から離れていたからだった。聴いていくうちに、何曲目かで「青い瞳のステラ、1962年夏」にたどり着いた。ここで号泣だ。ええ年したおっさんが。次々に覚えていた曲に遭遇する。当時のままの映像や、痩せて帽子をかぶった映像。後年のステラを聞いて、また号泣。声量は無くなったが、その枯れた歌声が心に沁みた。ああ、やっぱりエエ。


      人気ブログランキングへ
       
      人気ブログランキングへ


      当時の私は洋楽ばかりを聴いていた。特にウエストコース・ロックが好きだった。

      代表バンドは「ドゥービーブラザーズ」であり「イーグルス」だった。日本のロックなんて聴いていられないと考えていた。そもそもロックとは言えないしろものだと考えていた。軽く見ていた。

      その時にこのバンドに出会った。そのしゃがれた声が心に沁みた。

      柳ジョージ&レイニーウッド

      大学時代だった。



      彼らの3枚目のアルバム。

      「Y.O.K.O.H.A.M.A.」

      今でもこのアルバムが、オリジナルアルバムとしては不世出で唯一無二のアルバムだと思う。

      もちろん、もっとセールスで成功しているアルバムは数多く存在する。もっと成功したアーティストもあまた存在する。

      「Y.O.K.O.H.A.M.A.」は今でも業界で評価され続けている。



      当時はベストアルバムは全く売れなかった。今ではベストアルバムしか売れない。シングルが出てもその週しか売れず、初登場1位とうたってもトータルセールスでは全く売れていない。

      あの頃は曲目はもちろん、その曲順にもトコトンこだわって作られ、アルバム一枚でその当時のそのアーティストが作り出すワールドにのめり込む。それがアルバム。


      YOKOHAMAには行ったことも、もちろん住んだこともない男がトコトコ惚れたアルバムだった。



      人気ブログランキングへ



      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 23:56
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM