スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    俺ってタイガースファンだよな。いや、本当に考えてしまうよね。どうして淡々としていられるのか。

    0
      契約更改が進んでいる。
      今年は厳冬だな。甘い査定で名が通っていたタイガースの編成部。今年はガッツリ下げている。これが真っ当だと思うし、こうじゃないと刺激を与えられないだろう。プロは働いてナンボ。成績が上がればドカンと上げて、下がればバッサリと下げる。これが大事だね。信賞必罰だ。これまでのタイガースは下がりが「ぬるかった」のだ。矢野は、ほぼ3分の一だものね。これはちょっと可哀想に思うが、本人の言う通り、試合に出ていないから仕方がない。これも来季の優勝に向かっての改革だと思いたいね。


      人気ブログランキングへ
      赤星がスパイクを脱いだ。

      バットを置く、とかグローブを置く。プロ野球でも色んな職種の人がいるから、引退を表現する言葉も人それぞれだ。赤星はスパイクを脱ぐだね。

      もう彼の姿が見ないのかと思うと残念だね。彼の守備範囲の広さはハンパではないから。最近は肩の弱さを指摘されていた。私もそうだった。でも、右・左中間の深い位置への打球を捕球する。あの守備はホームの選手とは言え、球界随一だった。

      何より私は、彼のヒッティングマーチが好きだった。

      シャープな打球、グランド突き抜けろ。走れレッドスター、レッツゴー赤星。チャンス切り開け。

      もうライスタからは、これを歌えない。残念だよね。
      今は、「体を休めて欲しい」と切に願う。

















      で、私の事なんだが。本当にタイガースファンなのかと自問してしまう。

      あれだけ熱く応援していた今岡がタイガースから離れた。赤星が引退した。

      でも、それほど虚無感は感じない。さほど落ち込むこともないし、ましてや涙する事もない。

      個人ではなくチームを応援しているから。

      これは確かにそうだ。

      でもチーム名だけ残って、選手が全員一度に入れ替わっても応援するのか?

      ユニフォームは残っても、チーム名も経営母体も代わる。それでも応援するのか?

      解らない。どうして自分にとって、タイガースが血となり肉と成っているのかが。













      きっと明確な理由なんて見つけられないだろうね。





      人気ブログランキングへ













       

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 20:58
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        赤星も居なくなり生え抜きもほとんど居ないしかもお世辞にも育った野手はほぼ皆無これじゃあ昔の巨人と変わりませんね
        今のタイガースは寂しいと同時に情けなくも見えます
        • ミスターX
        • 2009/12/12 10:49 PM
        ミスターXさん、こんばんは。

        赤星こそ生え抜きの象徴だった。今岡もそうなんですが。だからチームを応援するにも、そのシンボルを失った感じです。

        だから当然、応援をする気持ちが弱まる人もいるでしょうね。他所から獲得せずに、自前で育てる必要性を説く人も多いでしょう。

        理想は自前の選手が中心に座ることです。
        • kazu
        • 2009/12/14 12:00 AM
        彼(父)と私は、生まれた時から犬猿の関係です。

        私が物心ついた頃、彼は熱狂的な阪神ファンであり、又、一貫したアンチ巨人でした。

        利己の塊で人を見下すしか能がない偏屈者。そんな彼に憎悪を抱いていた私は、逆に巨人に興味を持ちました。しかし、ファンまでにはなれなかった。地域一帯が阪神と南海・近鉄・阪急のファンで統一されてましたので、嫌でも阪神を応援しないとイジメにあってしまう状況下にありましたから。

        そういう基盤がありましたので自然と阪神ファンになっていましたねw。でも、アンチ巨人にはならなかった。

        従って私も、阪神ファン時代に於いても、阪神で好きな人は、監督のドン・ブレイザーだけでした。

        話しは変わりますが、現在のプロ野球を構成する組織では、どこの球団も、選手を自前で育てられるような環境は皆無でしょう。今は、他所から出来上がった選手を獲得する時代ではないでしょうか。

        殆どが練習で、試合数が少なく、緊張感が支配しないプロの二軍程度で誰が育つのか?ましてや、阪神のような人気球団ならタニマチだって付き纏うだろう。育つという概念は、もはや、アマチュアで経験しておかなければならない。プロは育てるところではなければ経験するところでもない。プロは味方とも敵とも戦う場所。

        だから阪神は、それに気付くのが遅すぎた。第二期長嶋政権より、巨人のやってることは現行制度には合っていると言えるのでは。
        • TAKA
        • 2009/12/14 2:27 AM
        補足ですいません

        前述で言いたいことは書かせて頂きましたが、改めて読んでみると、プロセスを重視した余り、遠回しな表現になってしまいました。

        要するに赤星と今岡の件は、私が阪神ファンを続けていたとしても淡々としていたことでしょう。そのプロセスが前述です。

        そして、「阪神とアンチ球団の選手がそっくり入れ代わったとすれば、今までのように阪神を応援することが出来るか?」についてですが、ファン時代の私なら「当然出来る」になり、アンチ球団に行った選手は「目の仇」にするでしょう。要は、フィーゴは嫌いだが、エンリケは好きだという某サポーターみたいなもんです。
        • TAKA
        • 2009/12/15 1:00 AM
        TAKAさん、こんばんは。

        この年代は、親が反面教師でしたね。私も父をあまり好きではなかった。お酒が好きな人でしたから。その父も50歳過ぎで他界した。言葉を交さなくても、言動で好きかどうかは伝わる。私の行動が、彼の酒量が増える要素になったかもしれない。今は反省出来ますが、当時は私も若かった。

        家庭環境や職場環境。自分の周りの事を恨んでも何も解決しない。自分に力がないからポストを得られないのだし、部下が付いて来ないのです。親の事も子供の事もそうです。子供が言う事を聞かないのも、自分の人間としての魅力のせいなのです。年を経ないと見えて来ないものがある。今なら、そう思えるんです。

        それに、人は親の葬式を出してからが一人前なんですね。親戚のおじさんおばさんに指示されながら、何とか親の葬儀をやりきった安堵感。悲しさと引き換えに何かが自分の中で変わった。

        私は阪神タイガースが好きです。今でも阪神タイガースを応援出来る。この喜びをかみ締めないといけない。近鉄はチームが消滅した。

        私は選手が入れ替わっても、縦じまとタイガースを応援し続けるだろう。
        • kazu
        • 2009/12/15 8:43 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        昨日赤星引退のニュースを知って、急遽エントリーをUPしたのですが、その続報を (Ser.4428) 【記者会見動画 via ABC】 阪神タイガース 赤星選手引退・矢野選手契約更改 NEWSゆう+ 【阪神タイガース公式 12/9】 ☆現役引退選手について 阪神タイガース 赤星憲広選手(3
        • ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
        • 2009/12/12 5:58 AM
        まだ33歳なのに・・・
        • 仙丈亭日乘
        • 2009/12/12 9:23 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM