スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    今、ハマっているもの

    0
      今日は野球ではなく、他の話題で。
      もう40年近くタイガースにハマリ続けているのだが、最近それ以外にハマっている事が出来た。それについて書きます。わざわざ此処に書くのだから、そのハマリ様が判るってもんですぜ。アニキ。



      人気ブログランキングへ
       


       Superfly(おちしほ)




      私の青春時代。洋楽を聞きまくっていた。当時、音楽通を自認するやつは邦楽なんて聞かない。歌詞もろくすっぽ判らないのに洋楽オンリーだった。その頃はウエストコーストサウンドにハマっていた。

      The Doobie Brothers

      Eagles


      初期の彼ら。彼らが私の青春時代そのものだった。そしてつい最近、その頃と同じ「匂い」を持つ声と出合った。しかも、それが日本人の女の子だった。ビックリしたね。彼女の歌声は70年代、そのもの。

      ロックに日本語を乗っけたのが佐野元春であり桑田佳祐である。だが彼女はロックそのもの。ホンマモノが日本語で歌っている。

      ボーカリストとして彼女を見れば50年に一人の逸材(勿論私の見解)。ソングライターとしては彼女以上の人は多く居るだろう。でもシンガーとしての彼女は別物。ホンマものに技量なんて関係ない。それを超越した存在だ。
       
      Janis Joplinに憧れ続けた彼女は、今年ウッドストックの舞台に立った。たった2曲、Janis Joplinのカバーを歌った彼女。歌い終わったら観客がスタンディングオベーション。それはそうだろうね。

      デビューアルバム「Superfly」

      これが素晴らしくいい。その中の1曲1曲に彼女の魅力が詰まっている。楽曲も良い。勿論彼女の歌が良いから、余計映えるのだけどね。

      2ndアルバム 「Box Emotions」



      出来はファーストの方が遥かにいい。3曲目の「1969」は大好きだね。

      彼女の真の力量が判るのがカバー。「Desperado」は絶品だ。当分は聞き込むだろうな。


      You Tubeで探してみてね。

      人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 00:21
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        これですね

        http://www.youtube.com/watch?v=aqRM4q062Bo

        日本人離れしたパワフルなヴォーカルですね。ライブ映像も観ましたが、音が悪いのでURL載せるの辞めました。

        曾て私も洋楽派でした。初期〜テクノデリックまでのYMOも洋楽だと言っていい。

        イーグルスにドゥービー・ブラザースかぁ、ベストヒットUSAでよく観ました。

        ただ、それ以降は、第二次ブリティッシュ・インベイジョンに魅了されて、セックス・ピストルズを初め、ジョイ・ディヴィジョンのような闇なサウンドに嵌まりました。
        • TAKA
        • 2009/10/06 9:30 PM
        TAKAさん、こんばんは。コメントを有難うです。

        そのバージョンも素晴らしいです。ストレートに響いて来ます。

        私がこちらの方がチョッとだけ好きかな。両方ともに好きですが。


        http://www.youtube.com/watch?v=pI00gcZTKE4

        女性なのでリンダ・ロンシュタットと比べてしまうが、私はしほさんの方が好きですね。上手い下手を越えた何かが有りますね。

        ドゥービー・ブラザースの「Listen to the Music」は今でも大好きですね。

        秋の夜長はYouTubeで楽しんでいます。
        • kazu
        • 2009/10/06 10:45 PM
        野球以外のお話が出来て嬉しいです。

        Listen to the Music

        いいですね。丁度、kazuさんの青年時代は、プログレやAORが流行の頃でしたね。シカゴやトト、クリストファー・クロス、エイジア、イエス、ジェネシス、ジョー・ジャクソンなどなどもこの時代だったでしょうか。この頃の日本は、サディスティック・ミカ・バンドやハッピー・エンド、ちょっと進めば、ヒカシューやP-MODEL、プラスティッス(メロン)と実力派バンドが揃ってましたね。

        いい時代でした。ところでコレは、お好きですか?

        http://7hp.jp/diary.cgi?guid=ON&id=taka1&ak=&pn=1&mode=viw&pg=&dy=2009&dm=10&data=20091008223511
        • TAKA
        • 2009/10/08 1:25 PM
        TAKAさん、こんばんは。

        そうですね、音楽は時代そのものですからね。私とTAKAさんとでは、少し年代が違いますからね。

        「Listen to the Music」は、あのイントロのギターのカッティングから体が動きますね。

        TOTOやボズ・スキャッグスはよく聞いた。そこから私はジャズフュージョンの世界へ。だから邦楽はさっぱりでした。

        紹介していただいた「ピチカート・ファイヴ」は名前だけ知っていました。聞いた事はないですね。ただ、田島貴男さんは好きですね。「朝日の当たる道」はよく聞いていました。


        • kazu
        • 2009/10/08 11:44 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM