スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    矢野の後継者を考える

    0
      まずは契約更改。
      この時期の恒例ですからね。関本が代理人を伴って契約更改へ。金額は推定で3500万円アップの8500万円。やっと彼は一人前の年俸になってきた。これまでは、シーズンを通して頑張ったのに1000万円しか上がらなかったり、担当者にあくびをされて哀しんだり。今までの関本の更改には、よい話題がなかった。今回はある程度納得のサインだったみたいだ。次いで久保田。1000万円ダウンの1億1000万円で更改。(金額はいずれも推定)。昨年は年明けまで粘ったのだが、今回は早く諦めたね。彼にしてみたら、どうせ来季は先発に転向するから、そこで頑張ればよいとの考えがあるから。よほど以前から先発がしたかったのだろう。中継ぎはさほど上がらないが、先発型は活躍すればドンと上がるからね。来季は先発で頑張って欲しいね。彼なら向いていると思う。


      人気ブログランキングへ   
      矢野も契約を更改した。1000万円増の2億円らしい。この年で上げてもらえるのがスゴイ。普通ならユニフォームを脱ぐころだから。でも、まだ矢 野には頑張ってもらわないといけない。何たって後継者が不在。しかも野口が抜けたのでなお更だ。今季は担当制で、投手によって分担が分かれていた。来季は、先発で100試合は出てもらわいと いけないだろう。本当なら矢野は、休み休みの起用がベストなのだが。


      ライオンズの田原を獲得する話題が出ていた。タイガースで燻っている左投手を交換に、彼を獲得すると言うのだ。私はこれには賛成ですね。田原は結構使える。しかもライオンズには銀仁朗が居るから、若手には事欠かない。タイガースの左投手にとってもよい機会だね。環境が変われば、仕事も変化するからね。

      さあ、矢野の後継者だ。捕手って職業はチョッとやソットでは育たない。他のポジションは相手を押しのけて奪うものだが、捕手だけは与えるポジションだ。首脳陣が選手の能力を見極め、今現在の力と、延び代を考えて与えるもの。だからベンチの役割は大きい。

      今、他のチームで余っている捕手なんて居ない。捕手は完全に売り手市場。トレードが厳しかったら自前で育てるしかない。

      一番に選ぶ項目は、やっぱり肩ですね。それと配球。バッティングは最後でいい。練習を重ねれば打てるようになる。今のタイガースの番手捕手では、肩は小宮山で、配球が清水。こう言われている。

      狩野は昨季にブレイクしたが、今季は出番が少なく、イチからのスタートだ。岡崎は背番号も大きくなったて背水の陣。帯に短し襷に長しです。

      私は小宮山に30試合は先発でマスクをかぶらせたい。肩は入団時から評判だったし、リードも良くなっている。彼を2番手に座らせて、英才教育を施して欲しいね。

      もう矢野の後釜は、さほど猶予がないからね。

      人気ブログランキングへ  
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 00:35
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        矢野の後継者を作ろうとしなかった、前監督の負の遺産?はでかいですね。北京五輪期間中ですら、小宮山、狩野の出番は思ったよりも少なかったですから。
        丸投げ?された、真弓監督も大変でしょうか
        関本も、もっとわがままいってもよかったとおもいますが。
        久保田も成績はダウンしたけれど、
        最多登板は評価してあげないと
        ほんまに、中継ぎ陣の球団評価は低いです
        ほしのさん、ようこそ。

        本当に後継者を作ろうとする意思が、前監督には無かった。北京五輪の時はいいチャンスだったのにね。もっと小宮山や清水を使って欲しかった。

        真弓監督は育てる覚悟はできているだろう。

        関本はずいぶんこれまで抑えられてきた。だからもっと主張してもよかったが。でも関も、億も近くなって、そこそこは満足だろう。中継ぎの評価を上げないと、誰も投げたくない。そうなると試合にならないですよ。
        • kingkazu
        • 2008/12/24 12:35 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        関本賢太郎が22日、兵庫県西宮市内の球団事務所で2度目の契約交渉にのぞみ、3500万円増の年俸8500万円(推定)でサインした。 今季は136試合に出場し、打率2割9分8厘、8本塁打の好成績。 「思っていた以上の評価をしてもらいました」と笑顔だった
        • 虎 想い!ジョー熱大陸2009【不動心】
        • 2008/12/23 1:17 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM