スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    守備位置は野球の楽しさ

    0
      今岡が更改した。
      こもオフは話題にも上らない。秋季キャンプには参加していない。鳴尾浜での話題も聞かないし、 他の場所でのトレーニングの話題もない。どうしていたんだろ、と思っていたら、本日契約を更改した。その実情は2億1000万円から、6000万円ダウンの1億5000万円でサインしたそうだ。(いずれも推定)。今季の年俸は2億円だと言われていたのだが、実際は違ったんやね。でもこれを、多くのファンはどう思うのだろう。私は球団の「甘さ」が顔をのぞかせていると思う。もちろんこれまでの今岡の貢献は認めている。彼の打席を見るだけで、入場料以上の価値があると本気で思っていた。だがね、プロは力の世界。信賞必罰は大事だね。それが必ず必要だと思う。今回の更改で球団は、今岡に1億円の提示をするべきだったんだ。勿論本人の承諾がなければ、それは成り立たない。その交渉の中で球団の思いをぶつけたら。それで今岡が蘇えるキッカケになるかもしれない。思い切った減棒こそ、今岡を復活させると思うから。


      人気ブログランキングへ  
      守備位置こそ、野球の面白さですね。実は私は守備フェチなんですよ。
      弱ーい軟式チームのショートだった経験から、試合では守備位置を常に見ています。そこにベンチの意図が集約されているからなんです。

      アマチュアと違い、長いペナントレースでは、そんなに極端に前進守備は取らないです。特に試合の前半はね。でも稀に、ペナントの中の1試合とは捉えていない重要な試合では、極端にシフトを変える。

      守備位置は大まかに分けて3つ。通常シフト。セカンドゲッツー・シフト(中間守備)。前進守備。

      2番目の中間守備。これは文字通り二塁でゲッツーを獲るため。セカンドとショートは通常よりも3歩ほど前に出て、2,3歩ベース寄りに構える。これは勿論ベースカバーに間に合わせるため。ベースから離れて守ると送球に間に合わず、ゲッツーが獲れない。一塁と三塁はベースの直ぐ横に守る。だから通常シフトよりも、一二塁間と三遊間は広い。

      前進守備は各ベースを結んだ線よりも前に守る。文字通り、三塁走者をホームに生還させないシフト。内野ゴロでは通常は還れない。

      さてここで問題。1回、無死満塁。ペナントの終盤ならいざ知らず、夏場までは中間守備を採るだろう。普通のチームならね。でも監督は前進守備を指示した。ここで選手達はどう思うか。よほど相手投手が打ち崩せないとベンチが読んでいるのだろうと思うし、味方の打線が下降線を辿っているのだと感じるだろう。それを見た相手ベンチは固く点を奪おうとするだろう。

      では一死三塁なら。ここは普通なら通常シフト。ピーゴロか、よほど強い一・三塁へのゴロでない限り、1点はプリーズの守備位置。前進守備を敷いて大量点に繋がると試合が壊れるから。1点なら問題ない。ここでも、場面によっては前進守備を採る場合もある。

      守備位置を見るだけでベンチの考えが判る。それが局面によって変わるのが面白いね。大砲の打ち合いを見るのも楽しいが、守備位置で状況を読む。これも面白いと思いますね。


      人気ブログランキングへ 


       

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.26 Monday
        • -
        • 00:32
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        私も変態的な打撃ができる今岡は好きな選手の一人です。が、ここ3年不振が続き、関本の成長もあり、残念ながら来季はスタメンで出られるかどうかの選手に成り下がった。
        その選手に1億5000万円は払いすぎです。来季は100試合出られたら良いほうでしょう。何度もいうようですが、ほかの球団はわかりませんが、阪神はどうも選手個々の年俸の格差、バランスがわるいように思えてなりません。そういうときに、何試合出場、何本安打を打ったいくらとかの出来高制を取り入れたら、無駄な出費を抑えられると思うのですがね?
        • ほしの
        • 2008/12/19 12:22 PM
        ほしのさん、こんばんは。

        私も好きでした。過去形なのが悲しい位に。打者としても頂点を極めた。でも今はレギュラーが危うい立場。それどころか契約そのものが危ない。

        どうやら来季までの複数年契約を結んでいたそうですね。だからこそ、思い切って下げられなかったのかも。

        いずれにしてもタイガースのフロントの甘さは間違いないですよ。
        • kingkazu
        • 2008/12/19 11:44 PM
        昔、ベンチがあほやからという選手がいましたけれど。。。

        補強のやり方や、ある特定選手だけ優遇しているかのような年俸査定。。。
        フロントがあほやとチームは弱くなっていきます。あら40が引退したときがこわいです@@
        強くなるのは時間がかかるけれど、
        弱くなるのは。。。ですよね
        わかっていない、球団が悲しいです
        • ほしの
        • 2008/12/20 12:21 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        トケイ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM