スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    雨で流そう 

    0
      久々に見た井川慶。残念ながら、変わってなかったね。
      今日は久々のチャンスだったのだが、結果を残せなかった。3回0/3で11安打6失点だった。これでは厳しいね。予定では中5日で次の登板が控えていたようだが、悪すぎた。最初から最期まで彼の投球を見たわけではない。ダイジェストでの投げ方を見ただけだが、良くなっていない。チェンジアップでフォームが緩む点が改良されない限り、残念だがメジャーでは生き残れないだろう。左打者にチェンジアップが投げられないのも致命的。ぶつける恐れがあるから。読売のスンちゃんに多くの一発を喰らったのも球種が読みやすいから。左打者が苦手な左腕は、生き残りが厳しいね。大きな期待を集めながら、サッパリ活躍出来ないピッチャーは、これまで居なかった。あの伊良部も、印象よりはかなり活躍している。クローザーを勤めたりしてね。井川は技術的なものだから厳しいが、何とかMLBで活躍して欲しいのよね。このままマイナー暮らしが長引く事は避けて欲しい。

      人気ブログランキング
      続きを読む >>

      久しぶりに聞いた井川の名前

      0
        皆さん、メリークリスマス!ケーキ
        JUGEMUさんのブログ、それに相応しい絵文字がないわ。
        キリスト教ではないから、「そんなの関係ない!」と言う貴方もいらっしゃるだろう。でもねせっかくだから、はしゃごうよ。テンション上げてね。家のツリーに点灯して、雰囲気を盛り上げる家族がいたり、町のイルミネーションを肩を抱き合いながら見るカップルがいる。クリスマスプレゼントを買いに走っているサンタさんもいるだろう。ウチなんてもう、子供が大きいから、希望のプレゼントを買いに走り廻らなくて済むから、楽になったね。それは寂しくもあるけどね。今は何とか家族でクリスマスパーティをやっているけど、そのうち子供達が一人欠け二人欠けして、ワイフと二人だけのクリスマスになるね。それもまた、まったりして良いけどね。

        【29】の系譜〜受け継いだ者

        0
          井川のブルペンでの投球を食い入るように見つめるトーリ監督。
          イキナリ初球がフェンスを越える暴投。続けて捕手が立ち上がらないと
          とれない投球が。それを顔色変えずに投げ続ける井川。
          その姿に指揮官は大満足だ。マイペースを守り、
          取り繕おうとしない姿勢が高く評価された。(ニッカンより)
          やはり名将は、目の付け所が違う。しばらく投げていないのだから、
          ボールが安定しない当たり前。その時に動揺し、自分のスタイル
          を変えてまで、周りの人に良いところを見せようとするとしたら。
          そんなピッチャーは大舞台では通用しない。
          どんな時も自分のスタイルを崩さない。それが一番大事だ。
          その為には技術的に裏打ちされるのはもちろん、
          意識の問題も、同じ位に重要だ。

          井川がブルペン入り

          0
            長嶋終身名誉監督が宮崎入り。朝の9時過ぎには球場に
            入られた。随分お元気になられたご様子で、安心しました。
            10時には宮崎県知事の東国原知事の表敬訪問を受けた。
            これは長嶋さんよりも、知事の方が遥かに嬉しかっただろう。
            長嶋氏は打撃ゲージの後ろで座られて、熱心に見られていた。
            小笠原や高橋由の打撃を見て、技術的にもアドバイス。
            何と言っても、プロ野球会の最大のスターですから、
            本当に回復に向かわれて良かった。今日は杖も使ってなかった。
            きっとボールがバットに当る音を聞いて、
            ウズウズされたことだろう。讀賣もいつまでも長嶋氏に
            頼らすに、自力でソフトバンクに流れた宮崎の観客を、
            取り戻す努力をしないとね。その為には見てみたいと思わせる
            プレーが随所に出ないとね。

            井川、ローテ入りへ前進

            0
              今日は沖縄も雨。こんな天気の日は宜野座ドームが有効。
              大きな室内で、内野連係が出来るくらいの広さだから。
              人気球団のタイガースの為なら地元も金を掛ける。
              昨年、出来上がった時はビックリしたね。
              タイガースのキャンプ以外でも有効利用出来ているだろう。
              雨季の沖縄に出くわすと、続くからね。実際そんな年も有った。
              野手は元気だが、ピッチャーは不確定要素が多すぎる。
              安芸に行ったら大幅な入れ替えがありそうだが、
              我がタイガースは、首脳陣の取捨選択が、
              大きくペナントレースの影響する。じっくりと見極めて欲しいですね。

              ところで今日の慶くん何語?

              0
                朝から嬉しいニュースに釘付けだよね。「おはよう朝日です」に始まって、みのさんの「朝ズバ」、小倉さんの「特ダネ」と慶くんの入団発表を追いかけた朝だった。ニューヨークの現地での入団発表は大賑わいだった。松坂の時の半分のメディアの数とは言え、大物扱いとしては十分だ。松井秀樹の入団発表には、バカンスから急遽駆けつけたトーリ監督がひな壇に並んだ。この日はキャッシュマンGMと球団代表が並んでいたが、それで十分だと思う。これだけの歓迎を受ければ、本人のやる気も、さらに湧き上がるだろう。何につけてもピンストライプの「29」番の映像は、私には最高の贈り物だった。もう阪神タイガースから出て行かれた井川ではなく、ファンの総意で巣立った井川慶なんだ。私はそう捉えたいですね。

                井川マネーの使い道

                0
                  30億円って、積み上げたらどれ位の高さになるのだろう。ヤンキースから阪神球団に入金が有ったんやね。別に私の金でないから、関係はないんやけど気になるね。ちなみに私は家を新築した5年前に、銀行に無理を言って、建設会社に3千万を渡す現場を、見せてもらった事があります。ほんの高さ10センチ×3でした。これを返すのに25年以上も掛かるかと思えば、切なかったね。これの100倍ですか。やはり相当の量ですね。大事に使って欲しいですね。

                  アジアで引っ張るヤンキース

                  0
                    岡島に出て行かれた日ハムが、‘吉野’の獲得を狙っているらしい。昨年一軍に上がって来て、久々の勝ち星を掴んだ吉野。あの時は自分のように嬉しかったよ。彼はタイガースでもまだまだヤレル。しかし若手の有望株がひしめくタイガースでは、ともすれば同じ力量なら、ベテランは隅に置かれがち。特に左はたくさん居るからね。だったら中心に考えてくれる所で、意気に感じて働くほうがよっぽどいい。ピッチャーは投げてナンボだから。吉野だったら、まだバリバリと投げられる。彼が居なくなるのは寂しいが、彼にとっても良いトレードに成ると思う。タイガースも無理な交換要員を求めず、ぜひ成立させて欲しいと思います。

                    kazuが選ぶ 2006 Impressive Scene vol 6

                    0
                      このオフの、いやここ最近では最大の呼び物、大物”バリー・ジト”の行き先が決まった。サンフランシスコに辿り着いた。7年契約だから、実質のピークはココで終える。ニューヨーク・メッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、テキサス・レンジャーズ、シアトル・マリナーズなどが獲得を熱望したが、巨額のマネーを賄えず、結局ジャイアンツが獲得した。28歳と年齢が若く、その割りに実績が素晴らしく、ピッチャーとして最高額の契約となったのも当然だ。井川が加わったヤンキースが、獲得に乗り出すのではとの噂だったが、実際にどれだけ本気で動いたかは不明。やはり今まで言ってきたように、井川への評価は高い。でなければ、もっと真剣に獲得に乗りだしていただろう。もはや井川をローテ投手として計算しているのは間違いない。

                      井川慶とマスメディア

                      0
                        アンディ・ぺティットのヤンキース復帰が決まった。彼のヤンキース時代は凄かった。完全なエースだったからね。2004年に、ロジャーと共にヒューストン・アストロズに移ったが、今年は故障で1試合も投げていない。引退の噂も流れていた。復帰に向けたプログラムは順調に消化されたようだが、こればっかりは春のキャンプで投げてみないと判らない。ヤンキースも期待はしても、計算には入れていない。それは彼と交わした契約で解る。
                        続きを読む >>

                        | 1/2PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        トケイ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM