阪神タイガース一筋!在野・プロ野球批評家(笑)kazuがズバリ斬り込みます。タイガースに出会えた'70以来の笑いあり、涙アリの記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
プロとアマの垣根が崩れたキッカケが新井発言



新井さんの置き土産が大きな効果を得た。


プロ野球選手会の会長を辞する時、アマ側に痛烈なパンチを見舞った。それをキッカケとして日本高野連が重い腰を上げたのだった。


プロ・アマ断裂の端緒は1961年の柳川事件だとか。そんな古い話を覚えてはいないが、プロ側が今までの決まりを破って、強奪したのだと聞いていた。そこから長い長い時間が過ぎ、やっと元プロが高校の指導者になれる道が広がった。




人気ブログランキング

続きを読む >>
| kazu3750 | 高校野球 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
センバツは必要か
上園のフォームが変わったらしいね。
「プチトルネード」らしい。 これは自主トレを一緒に行ったオリックスの加藤大から刺激を受けたそうだ。その加藤大に教えたのが、秋のキャンプの臨時コーチの野茂氏。タイガースの選手にも影響を及ぼしてくれる野茂さん。野球界に道筋をつけてくれた男の理論は熱い。勿論、上園のフォームは久保田みたいに捻るフォームではない。ただ、左足を上げる際にも右側への意識を強く持ち、強い球を投げる意識。結果が出なければ変化する。それが重要だ。今季の彼に期待したいね。



人気ブログランキングへ  
続きを読む >>
| kazu3750 | 高校野球 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
球児の夏
今日は夏の選手権の決勝。
第90回の記念大会だ。決勝は大阪桐蔭と常葉菊川。ともに名門で、決勝を戦うに相応しいチームだ。戦前の予想では大阪桐蔭を有利だとする意見が多かった。試合が始まったら、予想外の大差の試合になってしまった。でも常葉は下を向く必要はない。常葉のエースの戸狩くんは故障をして、球速が満足に出ない状態。それでもタイミングを外す工夫をして、抑えようとしていた。自分本来のストレートが投げられない悔しさ。本来なら130キロを越えるストレートを投げるからね。それを封音して大阪桐蔭に立ち向かった。よく頑張ったと思う。だが、そのタイミングを外す球を大振りせず引きつけて打った大坂桐蔭。これが見事だった。各バッターの技術が高いよね。エースの福島くんも良く投げていた。これまでの戦いの中では、コントロールが悪くて打ち込まれた試合もあった。でも今日は良いコースに決まっていた。彼はわが郷土の徳島出身。よくレベルの高い桐蔭でエースの座を掴んだね。ところで、昨年は中田翔くんで話題をさらった大阪桐蔭。でも優勝は叶わなかった。野球とはこう言うもの。チームスポーツだからね。特に高校野球とは、こうあるべきだと思う。大阪桐蔭は、レベルの高い選手が集まったから優勝出来た。決して1人の選手の突出した選手の力で優勝した訳ではない。



人気ブログランキングへ  
続きを読む >>
| kazu3750 | 高校野球 | 00:33 | comments(6) | trackbacks(1) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
トケイ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ