スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.29 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2016シーズンが終わり、糸井がやって来るようだ。

    0

       

       

      金本監督が、シーズンが進んでもピリッとしない藤浪を懲罰続投させたと言われる件以来、新しい記事をアップしなかった。

      あの時の思いはいまでも変わっていない。投手の肩肘が一瞬で壊れるのを知っているし、あの時藤浪の肩が壊れないで本当に良かったと思っている。監督があの行為を行っても藤浪の成績は上向かず、結局二桁勝利も3年で止まった。もちろん気持ちが占める割合は少なくないが、プロで一番占める割合が高いのは技術。そこをきっちり指導するのが監督・コーチの役目だ。監督が勘違いしていたのは明らかだった。気持ちや勢いでシーズンが乗り切れるのなら、今年のタイガースの成績はもっと残っていただろう。同じ投手と何度も対戦する中で重要なのは技術に裏打ちされた経験。それを監督は痛感したはずだから。勢いだけで走った4月だったがそのうち失速した。

      続きを読む >>

      まだ運は残っていた T-C20回戦(甲子園)  追記あり

      0
         




        昨日は黒田に対してたった2安打。2安打では何も起こらないよ。本当に起こりようがない。幾ら黒田が良い投球だったとは言え、優勝を狙うチームにしては余りにも淡白で寂しすぎる内容。久々にタイガースの試合を見て腹が立った。




        いつだったかは正確には覚えていないが、優勝争いの中で山本昌にノーヒットノーランを食らったのを思い出したくらい。それ位虚しい気持ちだった。でも、試合はまだ残っている。ファンにとってはそう思うしかない。


        藤浪が一発を浴びるがチームが粘って勝利 T-G21回戦(甲子園)

        0




          ヤクルトがヒタヒタと迫って来ている。いつの間にか貯金が5ですね。先発投手の駒が足りてないけど、強力打線とリリーフ陣がチームを牽引する。そこに故障が癒えたバレンティンが戻って来ているらしい。練習で状態を上げているらしい。



          球団からして見れば高い年俸を払っているんだから、活躍してもらいたい。そう願うのは当たり前。ましてやチームは何年ぶりに優勝争いをしている。だが、現場はフロンとは違う思いを抱いているはず。



          今の打線でも十二分に破壊力がある。これ以上は必要ない。そこに外国人が加わると打線がより強くなりそうな感じだが、実際はそうじゃない。ただ打つだけのバッターがプラスされても、走者を進ませる策も取れず、得点能力が下がる場合がある。打線が別物になってしまう。だから私はバレが復帰する時が逆にこちらにとってはチャンスだと思う。真中監督がバレを代打でしか使わないとなると、これは手強い指揮官だ。

           

          初顔に苦戦しながらも勝利 C-T21回戦(ナゴド)

          0




            今はタイガースも気になるが、U18侍ジャパンが気になっていて、ずっと毎試合見ている。今年の夏はいつになく高校野球を熱心に見ていた。今年の選手権はレベルが高く 面白い試合が多かった。そう思っている野球ファンも多かったみたいで、観客も多かったですね。



            そのU18野球W杯も残り2試合。今日の勝利で日曜日の決勝戦に進出する事が決まった。初めての地元開催なので是非とも優勝してもらいたい。それを狙えるだけのメンバーは揃っていると思う。タイガースが鳥谷の後釜に狙っているとされる平沢大河君は素晴らしいショートですよ。

            4カード連続の勝ち越しで貯金8 S-T19回戦(神宮)

            0




              死のロードと言われたのは今は昔。今季は特に天国のロードとなっています。 夏の高校野球選手権の開かれる間、甲子園を明け渡して長いロードに出る。この間負けが込んでペナントレースから後退して行く。これが通年の流れだった。でも、これが変わった。



              岡田監督時代、この流れを変えようと日程が大幅に変更された。京セラドームでホームゲームが2カード組まれるようになった。ロードに出っ放しではなく2カードビジターで戦えばホームに帰ってこられる。しかも屋外ではなくドームで6試合を戦える意味は大きい。夏の盛りの時期だけに。


              営業からすれば夏休みのホームゲームをパイの小さな京セラで6試合を行うマイナス面は大きい。それでも選手の負担を減らそうと改革を断行したのは豪腕の岡田氏ならではだった。


              人気ブログランキング

              岩崎今季初勝利で首位堅持 Bs−T19回戦(横浜)

              0




                広島が東京ドームで3タテするのは10年ぶりだとか。頑張っていますね。我がタイガースにとっては非常に有り難い展開でした。これで広島は借金を3まで戻しました。5割に近いようでも、ここからまた連敗するのが今年のカープ。ヤクルト戦でも頑張って欲しいが、さてどうだろう。



                讀賣はさらに厳しい。長野と阿部がともに2割3分台。苦しいよね。付け焼刃で獲得した外国人野手も救世主にならず。ファーストは打つべき人が守るポジション。それがあの数字では試合に出る事も難しいだろう。急には良くならないから、今が引き離す好機ですね。






                人気ブログランキング

                単独首位浮上も、本当に寂しい若手事情。 Bs−T18回戦(横浜)

                0




                  今日の藤浪は悪かった。
                  だからもうメッセンジャーを中心に回すのを止めろって言ってるじゃない。短い間隔で投げられるメッセを先にし、藤浪の間隔が伸びた。今日はその影響が在ったんだろう。メッセを数多く投げさせてもチームに勝ちが付かないと意味がないし、今年のメッセは去年のメッセとは違う。



                  藤浪をカードの頭に投げさせるべきだとここで何度も書いた。彼をローテの中心に据えるべきだと。今日の藤浪は援護に守られたが、それでも悪いなりにチームに勝ちをもたらした。相手チームはとっくに藤浪をエースと見ているのに、タイガースベンチはそう思っていない。現状を正確に見極めてもらいたいと切に思うよ。


                  人気ブログランキング

                  まだまだセリーグの混戦は続く

                  0




                    昨日の岩崎は素晴らしかったですね。今現在の彼の力は全て発揮したと言ってもいい。結果的にはこれまでのように、持ち堪えられなかった様には見えるが、内容が違っていた。成長が見えた。今まで以上に球威もキレも増していた。その彼に、またもや勝ちを付けてあげられなかったのが残念だった。



                    岩崎には、やっぱりシュート回転して沈む球が必要だ。ベース板を広く使う為に。これを手に入れたら、彼はローテの柱にも成れる。もちろん練習はしているだろうが、早く試合で使えるレベルまで習得して欲しい。次の登板では是非今季初勝利を。もう5敗もしているんだから。
                     


                    人気ブログランキング

                    藤浪が名実ともにエースになった日 14回戦(甲子園)

                    0




                      ヤクルトは強いですね。今季初の5連勝です。
                      しかも今日は、我がタイガースが完璧に抑え込まれている大野を攻略しての勝利。打線の破壊力が恐ろしいほどです。打撃に苦しんで来た大引と雄平がここに来て当たりが出ているのが大きい。切れ目のない打線はリーグナンバー1ですね。



                      昨日も書いたように、後ろの投手がしっかりしているのがよい。今日は秋吉が打ち込まれたが、バーネットは相変わらず素晴らしい状態。ここが磐石だと対戦相手は追い込まれる。先発投手を攻略しない限りは勝ち目がなくなる。今のヤクルトは勝ちパターンを確立している。このチームにとって怖いのは故障者だろう。近年はこれに泣いて成績は低迷した。今月末にはそのヤクルトと当たる。その時、両チームはどんな状態なんだろう。





                      人気ブログランキング

                      讀賣3連戦の振り返りとこれからの展望

                      0




                        勝ち越しているが、やっぱりミスが多い。多すぎますね。
                        特に目立ったのが捕手たちの走塁ミス。2戦目の藤井。彼が二走で、メッセンジャーが内野安打になりそうなボテボテのショートゴロ。三塁に進んでいると思いきや、何故か二塁に釘付け。次の鳥谷の単打で案の定還れず。


                        3戦目の鶴岡。彼が二走で鳥谷のセンターの頭を越そうとする大飛球を何故かハーフウエイで打球を見ていた。捕球されてあわてて二塁に帰塁。当然、タッチアップで三塁に進んでいると思った。けどやっぱり二塁に釘付け。



                        自分らの足では、シングルヒットで二塁からは還って来られない。二塁と三塁では得点の確率がかなり違うと分かっているのにこの判断の悪さ。目に見えないミスを減らさないと混戦から抜け出すのは難しい。この辺の意識の低さは如何ともし難い。






                         


                        人気ブログランキング
                        続きを読む >>

                        | 1/118PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        トケイ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM